笑顔を見せて
e0206699_13324457.jpg






12月の中旬に一通のメールが携帯に届いた。
横浜に住む友達からだった。
「久しぶり(^O^)/」のタイトルで届いたメール。
本文は楽しそうな顔文字入りのタイトルには似つかわしくはない、
末期ガン宣告されたというメールだった。

いつも健康優良児の明るい彼女が?
へ?嘘でしょ?
だって・・・7月に会ったばっかりじゃん。
あんときだって元気いっぱいだったのに?
末期ガンってなんだよ。

すぐさま電話をかけて状況を聞いた。
ガン発覚は私にメールをくれた前日だったこと。
黄疸がひどく出ておかしいと思って病院に行ったらすでに末期ガンだったこと。
色々な話を矢継ぎ早にしてくれた。
なんにもしなければ1年の命。
少しでも助かる可能性があるのなら、手術をする覚悟だと彼女は言った。
膵臓、肝臓の半分以上、胆嚢を取り除く大手術になるという。

年が明けて1月6日。
彼女に会いに横浜に行った。
半年ぶりに会う彼女は見た目はほとんど変わりない。
相変わらず美味しそうに食べるし、喋る喋る。
いつもの彼女。
ファミレスで5時間近くずっと喋ってた。

末娘の成人式の準備で大変とか、
最近のお互いの近況とか、
宇都宮は寒くて(この日の朝の気温がマイナス7度)同じ関東とは思えないだとか・・・。←相変わらず口が悪いw
そして、手術は1月末の予定だと話してくれた。

別れ際、私は初めて彼女の涙を見た。
「怖い」って。
彼女を抱きしめてあげることしか出来なくて、
自分の無力さを歯がゆく思った。
170センチ近くある彼女を、150センチの私が抱きしめている。
女性同士ファミレスの駐車場で・・・^^;


今あれから10日以上過ぎたが、まだ手術の日程が決まらないらしい。
もしかしたら医者もリスクが高すぎて、手術に踏み切れないでいるのかもしれない。


少しでも彼女の不安がなくなりますように。
彼女の命が消えないように。
私は祈ることしかできないんだよね。

この日の帰りにみなとみらいに寄り道した。
そこで路上ライブをやっていたので聴き入った。
初めて見る人。初めて聴く歌。
歌詞に涙が溢れてきた。

彼女の前では泣かないようにしていたから、
余計になんだか・・・ね。








年が明けて、最初のブログ。
冬だけど、ひまわりが彼女のイメージだから。
2013年。
皆様今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by pippi-0_0 | 2013-01-18 15:02 | k-r


フラッシュバック >>